ドラマ

【六本木クラス】ダサいと話題なのはなぜ?理由は衣裳とタイトルの名前?

2022年7月7日より『六本木クラス』の放送が始まりますね。

2020年1月から3月に韓国で放送され大ヒットした『梨泰院クラス』をリメイクし『六本木クラス』として放送されます。

そんな『六本木クラス』が放送前から「タイトルがダサい!」「衣裳がダサい!」と話題になっています。

今回はタイトルや衣裳がダサいと言われている声をまとめました。

2022年夏ドラマ『六本木クラス』が放送!

2022年夏ドラマの『六本木クラス』の放送が7月7日より放送されます。

日韓共同プロジェクトとして韓国で大ヒットした『梨泰院クラス』をリメイクし、ジャパン・オリジナルの『六本木クラス』として生まれ変わります。

絶望の淵に立たされた青年が復讐を誓って、金と権力を振りかざす巨大企業に屈することなく仲間と共に立ち向かっていく《下剋上》を主軸に、《ラブストーリー》そして《青春群像劇》が交錯した“究極のエンターテインメント。

引用:https://www.tv-asahi.co.jp/

『梨泰院クラス』は、2020年3月よりNetflixで配信されると日本でも大ブームを巻き起こし、芸能界でもハマる人が続出しているそうです。

【六本木クラス】ダサいと話題なのはなぜ?理由は衣裳とタイトルの名前?

画像元:ツイッター

2022年7月7日から放送される『六本木クラス』が放送開始前からネット上では

  • タイトルがダサい!
  • 衣裳がダサい!

などと話題になっています。

『六本木クラス』のネーミングの由来は?

「梨泰院クラス」のリメイク版のタイトルはなぜ「六本木クラス」になったのでしょうか?

そもそも「梨泰院クラス」のドラマの原作は同名のウェブトゥーン漫画です。

しかし、日本版は「六本木クラス」というタイトルに変更され、漫画配信サービス「ピッコマ」で読むことができるようになっています。

そのまま「梨泰院クラス」でも良かったのではないかとも思いますが、ピッコマ・ビジネス戦略室長の杉山由紀子さんはこのように語っています。

『六本木クラス』は、2017年12月の配信開始当初からの人気作です。
当時、いかに日本の読者に楽しんでもらえるかを考えた際、まだ『梨泰院(イテウォン)』は、韓国通の人にはわかっても、現在ほど一般的には知られていなかったことが考慮されました。
亡き父のため、逆境を乗り越えて大手飲食企業に挑むという復讐劇の中で、主人公が梨泰院に飲食店を出すのですが、梨泰院の外国人が多く飲み場も多い特徴から、日本における舞台としては六本木がふさわしいだろうということからこのタイトルにしました。

引用:https://dot.asahi.com/

つまり、韓国の「梨泰院」が日本では現在ほど有名ではなかったことから、日本で雰囲気が似ている「六本木」をネーミングに使用し、変更したということのようですね。

梨泰院と六本木の共通点とは?

それでは「梨泰院」と「六本木」が似ていることから「六本木クラス」のネーミングになったようですので、この2つの都市の共通点を詳しく見ていきましょう。

米軍基地の街

梨泰院

ソウルのなかで最も異国的な場所として人気が高い。

近くにある龍山基地は日本統治時代には旧日本軍が駐屯し、解放後には米軍基地となっている。(今は漸次返還中)

六本木

戦後に陸軍の敷地をGHQが接収、今もこの地に米軍基地がある。

六本木トンネルの上にはヘリポートが存在し、近隣にはアメリカ大使館があり、来日する要人の拠点にもなっている。

眠らない街

梨泰院

1980年代にはギラギラしたネオンで煌めき、ディスコクラブが隆盛を誇ていた。

夜の通りは不法駐車であふれかえっている。

六本木

1980年代、日本はバブル景気で、六本木でもネオンが煌めきディスコが隆盛を誇ていた。

ディスコ帰りの客が万札を振りかざしてタクシーを止める光景。

異国の香りが漂う

梨泰院

地下鉄の梨泰院駅を出たところにあるハミルトンホテルの裏側は世界各国の料理店やクラブ、パブが密集しており、週末には多くの人々が訪れる。

外国人の姿も多く人種のるつぼ。

六本木

外国人がよく訪れるバーやクラブ、路地には各国の料理店が並ぶ。

雑居ビル内に遊興的な店が多く、ビルの外にまでにぎやかな音が漏れ聞こえてくる。

象徴する高層ビル

梨泰院

中央には韓国の大手広告会社・第一企画のビルがある。

ビルの脇の坂を大使館通りといい、各国の大使館や公邸が集まっている

六本木

森タワーに象徴される六本木ヒルズがある。

六本木から下った麻布や広尾には各国の大使館が点在する。

美術館がある

梨泰院

サムスン美術館Leeumがあり、財閥企業の運営でなかなかの規模。

六本木

国立新美術館が堂々と構えている。

まとめ

2022年7月7日より韓国で放送され大ヒットした『梨泰院クラス』をリメイクした『六本木クラス』の放送が始まりますね。

そんな『六本木クラス』が放送前から「タイトルがダサい!」「衣裳がダサい!」と話題になっています。

今回はタイトルや衣裳がダサいと言われている声や『六本木クラス』という名前がついた由来をご紹介しました。

現在でもNetflixで「TOP10」に君臨し続けている『梨泰院クラス』がどのようにリメイクされ、『六本木クラス』が放送されるのか楽しみですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected !!